静岡茶市場初取引を視察

  八十八夜前後のゴールデンウィーク前半がピークになろうかと思いますが、いよいよお茶の季節が訪れました。本日は朝の5時30分頃から静岡茶市場の初取引を視察、厳しい茶業界の現場を肌で感じました。今年は大きな凍霜害もなく、良質なお茶が期待されます。生産者が茶生産をやめないで欲しいとの願いを込めて少しでも値が上がることをお祈りしています。一方、東日本大震災の原発メルトダウンによるセシウムについての風評被害対策は五年で終了とのこと。茶市場の運営は昨年度約4000万円の赤字との話もあり、さらに厳しい話も伺いました。

image

image




トップページへ