平成27年11月地方分権推進特別委員会

質疑・質問者: 佐地 茂人 議員
質疑・質問日: 2015/11/27
会派名: 自民改革会議


○佐地委員
 私も人件費とそれからその他もろもろの諸経費を含めた形で、税源移譲、財源移譲をするべきだと思っています。権限移譲の分、じゃあ静岡県の職員さんが減るかというと、減ってないんですよね。だから、県側の理論的な形でやりとりをしているなというのは、すごく感じています。これは町長だけじゃなくて、県内全てのトップから言われている話ではないかなとも思っています。なので、そうした是正を今後すべきだなというふうにも思います。ただ、そのやり方が、例えば具体的な話になると、じゃあその分の人をそのまま出すのか、それともそのための費用をどういう形で換算するかとか、そういうところの具体的な詰めをする必要があるのかな、なんていうふうには感じます。それが1つ。
 
 それから、これは静岡県なんですが、国のほうも、ひもつきの補助金的な内容のものから、いわゆる地方から声を上げて交付金というような形で、予算の配分を考えてきているように感じているわけなんですが、現在の県の補助金、それからさまざまな交付金等の中で、これはもう無駄なんじゃないかとか、必要ではないんじゃないかというような内容のものであったり、この補助金はこういう形で使い勝手をよくすれば、もっと利用度が増すんじゃないかというようなものがもしあったら、教えていただければ幸いです。

○田村典彦氏
 余りないんですよね。今、佐地委員がおっしゃられたような、個別のことについて、ああだこうだと、あんまり感じたことないですね。結構それなりに、時代の流れの中で、補助金から交付金と、ある程度もらったほうが使えるような形には、完全ではないでしょうけれども、なりつつあるんじゃないでしょうかね。それは思いますけどね。あと、個別なことでは、私、あんまり個別のことではよくわからないのがたくさんありますから、それはあるのかもしれませんけれども、下のほうから、これは何とかしてくれとかって、あんまりそういうようなことはないですね。
 それでも市町にしてみたら、市町の置かれている状況に応じて、今言った補助金だとか交付金について、もっと使い勝手のいいような、これについてはっていうのは、あるのかもしれませんけどね。

トップページへ