政策

policy1
・静岡市の中枢拠点性をさらに高めます。
・国、県、市の役割分担強化で、2重行政の解消や行政のスリム化を図ります。
・県議員と県民市民の距離を縮める「見える化」を推進します。

policy2
・後期高齢者医療制度と国民健康保険等医療制度は県が中心の役目を。
・生まれ育ったまちでの福祉と介護を目指し、市主体の福祉をサポートします。

policy3
・児童、生徒の学力向上と部活動等スポーツによる体力づくりの支援を強化します。
・特別支援教育と発達障害児支援策は県がけん引役となります。
・お金がなくても家族で過ごせる場を作ります。…公園や体験、文化、自然環境の施設を増やします。

policy4
・静岡県にふさわしい再生可能エネルギーの積極的な活用を図ります。
 1.家庭・事業者・公共での太陽光エネルギーの積極的な推進
 2.駿河湾での水上風力、波力、中山間地での地熱、バイオマス
・新エネルギー、メタンハイドレートの実用に向けた研究支援、駿河湾の海底調査。
・家庭での省エネ、もったいない運動、ドギーバックなどの啓発活動を進めます。

policy5
・警察力(交番・防犯)を強化します。
・南海トラフ地震に対応した中期的な津波対策として、駿河湾防潮堤を整備します。
・若者や意欲のある高齢者の就労支援、地元中小企業とのマッチングを図ります。
・やる気のある農業従事者が報われる環境整備を図ります。

《14年間の市議会での行動実績(抜粋)》
[議会改革]
・費用弁償の廃止(実費)
・行政視察の廃止
[議員提案条例]
・議会基本条例(旧素案)策定
・静岡市ものづくり産業福祉振興条例の制定
[予算削減への事業見直し]
・ふろばた会議補助金、ISO14001推進事業(委託費)等廃止
[新規事業、事業拡張]
・子育て世帯住宅取得資金利子補助制度の新設
・単位老人クラブ補助金拡張
・子ども医療費助成事業拡張(すべての子どもへ)
・集会場建設費等補助金(家賃補助へ拡大)
[その他]
・「公費負担による妊婦健康診査をすべての医療施設(病院・診療所・助産所)で受けられるよう求める意見書」の提出と実現
・マグロ祭りの開催
・等身大ガンダムの誘致とプラモデル、ホビーのまち推進
・供用済土地の解消